FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青白デッキと鏡の話

今日は結構気に入ってる青白デッキと変幻の鏡の話です

3弾環境に入ってからはじめての土日が過ぎ、公認大会で3弾デッキをまわして見た人も多いんじゃないでしょうか?
私は今日ふたつの公認大会に出てプロモをかき集めてきました
今回は新規プロモのカードがなかなか面白い効果を持っており、採録カードもスターターに入ってない1弾Rのバルカヌスなので良いパックなのではないでしょうか?


さて、そろそろデッキの話に移りましょうか
とりあえずデッキレシピから


青白コントロール

ユニット 40枚
ブリュンヒルデ3
王宮衛士隊2

邪光の獣ニルヴェス3
環魂の戦司祭3
アプロディテ1
皇護の刃イズルハ2
霊薬士マキナ2

百の剣士長ドゥース2
名乗りを上げる騎士3
グランドールの同盟兵2
蒼眞の足軽隊長1
蒼眞の剣華ミスルギ1

邪光の眷属2
白き森のエルフ1
マスタートウリョウキズキ3
アルキメデス2
幻惑術師ハスティ1
蒼眞の伝令3
わだつみの声アンジュ3

スペル 2枚
浄化の矢2

ヒストリー 8枚
ニルヴェスの邪光1
龍王の厄災日2
青の宝樹1
時移しの魔笛3
変幻の鏡1

【構築について】
3弾のカードを眺めていて「変幻の鏡って面白い効果だな」と思ったので組んでみたデッキです
デッキのほとんどをユニットが占めてますねw
まあユニットは戦いの基本なので少なすぎるのは問題ですが多過ぎることによる被害はそこまで大きくないので良しとしましょう

なんだか10日くらい前に書いた「青白女の子デッキ」に似た構築になってます
女の子デッキからの発展と言う形では組まずにニルヴェスを含む青白という形で1から組み直したのですが、まあ思考回路は同じなので似たデッキになってしまったという感じですね
手札アドを稼ぐカードが多いためそれらを捌くことのできる戦司祭は3積みしてます
白き森のエルフがピンざしというあたり謎ですが「初手にあれば出し、後半は欲しければブリュンで釣る」という感じで使えてるので入れてます
抜いて違うカードにしてしまうのもありだと思います


【戦い方】
序盤に欲しいカードは伝令、アンジュ、キズキ、アルキメデスといったアドをとるカードです
さすがにこれだけ入れてればどれか一枚くらいは引いてるものですが一番欲しいのはアンジュかな
伝令はCAヤードの様子を見つつ適宜必要なカードをCAヤードに送りましょう
まあ選択肢は多くはないですが同名カードをめくってCA3を確保したり、ドローしたいときに足軽大将をめくってドローしたりできるので良いカードです

中盤以降はニルヴェスを配置して相手の除去を腐らせに行きます
雷力術やメディアなどの対象をとる除去が強化されていろいろなデッキへの単体除去の採用率が(多分)上がったためこれらを無効化できるニルヴェスの能力はとても制圧力が高いです
前半の「相手のSSが5以下の時パワー+1000でオーラと勇猛を持つ」という効果はこのデッキではそこまで積極的に狙いにはいきません
ニルヴェスは強化されればラッキーの戦えるヒストリーとして運用しましょう

このデッキの要はニルヴェスと鏡です
鏡によって笛を使用したい対象自身を音楽家に出来るためアンジュは積極的に相打ちをとりに行くことができて序盤に削られるライフを減らすことができます
笛とのコンボで時代Ⅲ~Ⅳのユニットのレベルを下げて攻撃や防御に利用しつつ、隙があればどれかのユニットを騎士に変更してSCドゥースで一気にライフを削りに行きましょう

【構築の迷い】
眷属などでニルヴェスの上にきちんとカウンターを乗せることができればかなりの制圧力を誇るので、その状況を覆しかねない厄災対策として因果絶ちの一閃を入れてました
オーラ持ちが少ないのでミフネの発展時効果も潰せる一閃は良かったのですが、どうしても腐る場面が多かったので現状は抜いてます
まあまだ作ったばかりなのでまわしているうちに「やっぱ一閃いる!」となったらまた入ってくると思います
あと、このデッキはCA1が9枚もあるのにCA3が10枚ととても少ない構築になってます
発展時効果が多いデッキでこれは厳しく感じる人も多いと思うのですが、後攻でも時代Ⅰ→Ⅱのときにニルヴェスをだしてしまうことができたりするのでまわしてて発展遅くてきつい・・・と感じたことはあまりないですね
伝令の効果で伝令をめくることでCA3を確実に稼げるというのも大きいと思います
この辺ももっと数こなすうちに「CA3増やさないと!」となったら入れ替えます
真っ先に抜けていきそうなのはミスルギですが・・・



デッキについてはだいたいこのような感じです

デッキ解説の中でも大分触れましたがここからは変幻の鏡に絞って話をしたいと思います

7d4e764b0217539595bad08bcca5cc9d81edea251c611339381d131a3817080168.png

自身をワイプしてユニット一体のカテゴリを変更する効果を持っています
これ一枚だと特になにも盤面に影響を及ぼさないカードですが、他のカードと組み合わせることによっていろいろとトリッキーな動きをすることができます

基本的にできることとしては
1、自分のユニットをSCしたいカテゴリに変更することでそのカテゴリをあまりデッキに入れることなくSCすることができる
2、相手のカテゴリを変更することでアリオンや蒼眞のシナジーを崩すことができる
3、その他カテゴリを参照する効果をすかしたり、逆にカテゴリを参照する効果にあてはめることができる(時代Ⅳのランスロット効果など)
等が挙げられるでしょう

2番目の効果は対戦相手に大きく左右されるのでデッキに入れる時には1か3の効果を狙って入れることが多くなると思いまs

私は「音楽家除去されてしまってもこのカードがあれば笛で大型を動かすことができるようになる」というというのは強そうだと思ってたのですが、SCに使うのはもともとデッキにそのカテゴリを積めばいいしそこまで強くないかな?と思ってました
しかし発売日の夜にこのカードを使用した「SC元のオーク0枚だけどグッコを3積みした青黒兵棋デッキ」と戦ったらこれがまた強い強い
蒼眞デッキで戦ったのですが、兵棋からSCした秀策を鏡でオークにしてさらにグッコにSCし、捨て札からメディアやらなんやらがまた沸いてくるという流れでデッキをぐるぐる回されてぼっこぼこに負けましたw

その経験を活かしてSCギミックを入れてできたのが上のデッキです
とても強い!とは言えませんがなかなか選択肢が多く「プレイングしてる」感じが得られるデッキだと思います
フリー対戦などでは「どやっ」と出来るデッキかなーと思うので使ってみてください
そして改善案を教えてください


・・・なんか今まで以上に趣味の割合が大きい記事になりましたが許してくださいな

では、また次回の更新で


※記事を上げて日がかわらないうちにデッキからミスルギが抜けて行ったのは内緒
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

motix123

Author:motix123
TCGラストクロニクルについて不定期に書いていきます

最新記事
かうんた
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。