スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習

ラスクロの練習

更新してなさ過ぎてラスクロあんてなからも外れたところなのでちょっと恥ずかしい話をしようかなと
昨日タイムラインでカードゲームの練習の話になってたのでいつも自分がやってる練習の話です
(すごく当たり前のことしか書かないので、自分の調整方法や構築方法が確立できている方、またはそんなこと考えなくても強い方にはまったく意味のない記事となります)



客観的に見て、自分は他の強豪の方に比べてカードゲームが強くないです
フルスポイラーを見て環境を把握するなんて無理ですし、メタ読みもなかなかうまくいきません
でも勝ちたいのです(笑)
なので練習するしかないのです


さて、本題
どう練習するか



一人まわしをしてます



ああ、そんな呆れた顔して回れ右しないで(ToT)


真面目に話をすると、まず他の人と対戦する前にかなり時間をかけるということです
ちょうどいいので昨日のデッキを
CjnYRL7VEAALwLa.jpg

今回このデッキを組んだ時、スクナヒコナと秩序の光をとても重視しました
何人かのかたと話をしましたが秩序の光は「強い」という意見が「弱い」という意見より多かったです

私は秩序の光は「強い」と思います
ではなぜ「強い」と思うのでしょうか

聞いた人たちの半数は「だってパンプは強いでしょ」という回答でした
パンプは強い
もちろんその通りです
でも入れて弱くなるカードなんてそうそうありはしません
なぜ他のカードを押しのけてまで入ってくるのか
これが重要なのです

他にも入れる候補はたくさんありました
無慈悲なる黒猛者や毒刃の投擲も採用候補でした
黒猛者は役割が全く異なり、毒刃は役割の似たカードです
今回はわかりやすく毒刃でなく秩序を採用した理由をちょっと長めに書くことにします

二つのカードの採用で本気で迷った場合、私は両方のメリット、デメリットを可能な限り紙に書き出します
すごく当たり前のことも大真面目に書き出します

例えば今回は
秩序の光が毒刃に勝る点
・CAが3である
・防御で使う場合自身のユニットのパワーが上がるため、一つ上のサイズのユニットを複数足止めすることができる
(パワー2500のユニット+秩序の光で相手のパワー3000のユニット2体を足止めできる)
・相手の火力にあわせて使うことでユニットを生き残らせれることがある

秩序の光が毒刃に劣る点
・アクティブのいかづち森の番人、ピュリアノを処理できない
・時代Ⅲベリスのお見合い時に相手のベリスを処理できない
→呪殺を合わせられると完全に裏目、注意
・相手ユニットがアクティブの場合自身の火力との合わせ技ができない(↑3と同じ方向性)
・CBでダメージを与えられない
・SSに置いた時白を発生させるカードになる
・自身のユニットに使う場合スタックしてワイプされるとダメージ効果になってしまう

どちらかを採用する利点
・致命的なクロックになりうるミスティカの潮風乗りをテンポロスなく除去できる
・フリンの配置効果と合わせることで4000のユニットも除去できる
・時代Ⅲでオーディン、ミレイカをヒーローで倒すことができる(相打ちの可能性あり)
・やっかいな黒猛者をスクナヒコナで倒すことができる


だいたいこのような感じでしょうか
似たようなことやこれ以上に無駄なことも書いてあるので今回は一部でw
これらを総合的に判断した結果、九州に向けてはこのデッキの場合秩序の光は毒刃の投擲よりも「強い」と判断し、採用に至りました
ツアー京都の時は逆に毒刃採用でした(この時はピュリアノを落とせるということを重視しすぎたと思います)

どうです?当たり前のことしか書いてないでしょう?
でもここでいくつ案が出てくるかというのはとても重要だと思うのです
思いつけない案はそういう場面を想定できないということであり、自分の想像力の限界です
それを破るために他の人と意見交換をしたり、実際の対戦で遭遇した場面を憶え、自分の引き出しに収める
これが練習の意味だと私は信じてます
なのでこの作業はとても大事にしています
(紙に書かず頭の中で済ませることももちろん多いですが)

また、これらを一度何らかのかたちで整理しておくと本番のプレイングでも迷わなくて済むのです
必然的に他のカードの採用理由とも比べることになり、相対するデッキの種類によって手札からSSに置くべきカードやプレイするカード、タイミングがある程度明確になるためです
これらは単純にプレイ速度にも影響しますね

あとは思ったことを整理するために、ちょっと思考が本筋から外れたことも脇にメモしてます
(ベリスベレナお見合いの話がそれですね)
呪殺をスタックで撃たれると裏目
そのまますぎてここに書くのも恥ずかしいです
でも本番でそのことが意外と見えなくなること、ありませんか?
一度当たり前だと思うこともまとめてみると、そういった場面でふっとそのことが頭に浮かんできたりするので無駄ではないと思います


これらがすんだあとデッキをもう一度眺め、採用カードに満足できたら私はここから一人回しをはじめます
今回のデッキでは「黒SSが白SSよりも多いか同じであること」がデッキを回すうえで必要だと思っていたので、まずそれが可能な枚数比になっているか(単純な確率でなく、プレイングしながら自然と達成できるかどうか)
秩序の光はどのような場面なら構えられる(構えるべき)か
実際に対戦しながら調整してもいいですが、まあ一人回しでもこの辺は見えてくるので満足するまで微調整しながらくるくる回します


以上が私の練習です
もちろん対人戦でやる練習もありますが、それはみなさんやられてるでしょうから割愛しますね

あー自分が馬鹿だって白状するのは恥ずかしいですねw
考えをまとめずに書き始めたので文章がとっちらかってるかもしれません
でも、これが誰かの一助になればと思います

では今回はこのへんで
また次回の更新でお会いしましょう

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

motix123

Author:motix123
TCGラストクロニクルについて不定期に書いていきます

最新記事
かうんた
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。