FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山レポ(雑魚勢でした)

結果から言うと、4-2で6位の雑魚勢でした!(参加者32人だったので4人トーナメント)
でもまあ今回は後悔はないかな
勝てると信じたデッキだったし、負けた試合も悪い負け方ではなかったので


とりあえず出場したデッキ

ナイトクドゥラク3 
女拳聖ベルカ3 

タグ高原のオーク2 

マーリン3 
黒暦の司3
ブラッド・トレーダー3 
ラスプーチン3 
疫魔の眷属2 
闇の全知者ヴァイヤ1 
血風の狂戦士バルカヌス3 
ガイラントの謠い手3 
最後の白牙族3 
地荒れ熊3 


呪殺2 
魂の両断2 
神殺しの魔弾2 
バーサークレイジ1 
イルルガングエの大呪疫2 
吸血3 
想造3 

5370円!

見ての通りの黒橙ビートです
オンラインで結構まわしましたが、青紫に対する勝率が悪くなく、白黒に強くてあまり苦手がない
一番苦手な白橙ゲインは大会には出てこないと予想して、2番目に苦手な同型戦は捨てました


こっからレポ

1回戦 先攻 ゆかりんさん 白青○
1回戦から身内戦とかはやだなーと思いながらマッチング表を見に行くと、自分の名前の横には「ゆかりん」という名前
なんか聞いた覚えがあるけど、気のせいだなと思いつつ席について準備
でシャッフルしてると対戦相手の方(女性)が登場
「motixさんってどっかで聞いたと思ったらtwitterですね」という相手の言葉でこちらもゆかりんさんの存在を認識
そういえばtwitterで何回か絡んだことある人じゃん!(面識なかったけど)

初手は1コストがイルルガングエの大呪疫しかなく、他のカードもあまり攻めれる感じではない
仕方なくマリガンするとバルカヌスが来てくれて良いスタートをきる
しかし相手の返しに白き森のエルフだされてイルルガングエの大呪疫をキープしなかったことを大後悔
白青にゲインされ続けて時代Ⅳまで粘られるとオーラカリバーで終わってしまう・・・と思いながらCAをめくるとイルルガングエの大呪疫がこんにちわ
手札に想造があったのでタイミングを見計らって大呪疫を手札に加えるか・・・とそのターンはユニットを並べて様子を見ると、次のターンのCBでこんどは想造がめくれる
これ幸いと大呪疫を回収して即時展開
これによって相手の回復を完全に封じ、あとはとにかく殴りまくって魔弾でフィニッシュ
13点以上は回復される手札だったので大呪疫なかったらやばかったですね


2回戦 ほむさん 後攻 白黒○
1回戦がはやめにけりがついたので会場をまわって他の人の対戦を見る
とくにほむさんのとこは白黒対白黒でエクストラターンまでいっていたので最後まで見てた
なので対戦前からデッキ内容は一応分かってるのでとりあえずキープ基準は大呪疫でマリガン
1コストユニットは引けなかったものの大呪疫は引けたので1ターン目から大呪疫配置
黒の宝樹を置かれて時代Ⅱ以降攻めにくくなったが、こちらが要所で強力なCBをめくって壁を除去(セミラミスと不死兵団をベルカCBでSSに送り込む)
黒宝珠でこちらが攻めにくいのはかわらないが、大呪疫で相手も発展時にアドを失っていくので盤面では負けることなく戦い続けることができ、厄災の返しにヴァイヤを置いてスペルでアドを稼げる体制に
自傷ダメージを数点うけつつドローを加速して最後はCAヤードに魔弾が降臨(次ターン発展濃厚)でほむさんサレンダーにより勝利

3回戦 ちゃるなさん(ちゃる姫) 後攻 青紫×
岡山優勝のちゃる姫
twitterで「そろそろちゃるなさんと当たりそうだなー」とか言ってたらまじで当たって焦る
後攻でしかも1コストが出せない最悪パターンで試合開始
2ターン目に出せたユニットも相手のヘルネブと相打ちせざるをえず、早馬で発展加速されるのに大呪疫も引けず、ベルカもクドゥラクも仕事をしない
普通に殴られて負けましたね・・・
それでも吸血2連打で魔弾ワンチャン状態まで持って行けたのですが、最後に引いたのはクドゥラクさんで投了

4回戦 ななしさん 後攻 アリオン蒼眞×
じゃんけん負けたのがいたすぎた
アリオン相手に後攻の時はCA1のカードを2回は引かないと厳しいとわかってたのでそこに望みをかけたのですが、めくれたのはクドゥラク1度のみ
初手バルカヌスからきれいに動けたもののCBには恵まれませんでした
それでも吸血とマーリンでライフを自分2、相手1まで持っていき手札に想造抱えて吸血魔弾、CB司マーリンチャンスに備えたのですがどれも来てくれませんでしたwww

5回戦 ハスターさん 後攻 青単tハンニバル○
全国大会広島予選で戦った方でした
4回戦後に会場を回っていたときにハスターさんの対戦を見ていたので対戦前から青単tハンニバルと確信
進撃が入っているかどうかまでは分からなかったのですが、そこはないと割り切って後攻でも攻めに行く
初手から吸血が2枚あり窮屈な攻めになってしまったものの、大呪疫で早馬の速攻発展に対抗しつつ着実にダメージを重ねる
こちらのライフが8になったところで相手の盤面の総ATKが7(蒼眞にオーラをつけるCBが確定しておりほぼ防げない)
こちらは手札2枚がどちらも吸血だったので6点をきるラインになることを願って小隊攻撃したところこれが通り、あとは進撃などのATKアップがないことを祈りつつ吸血を構えるドキドキタイム
さすがに進撃はなかったらしくオーラを持ったユニットの攻撃を数点受けて、あいての調整フェイズと自分のターンに吸血2連打して勝利


6回戦 mosさん 先攻 紫単○
ヴァイヤが大活躍しました
相手の見習いと雷光の小隊を呪殺とヴァイヤの防御で0:2交換し、そのターンにつっこんできた雷力の戦士と相打ちして1:3交換に成功
それで相手の盤面が空になったので連弾で除去されるのを承知で一気にユニットをばらまく
司が連弾でおとされたものの、こちらもスタック両断で隊長を落として回収はさせずにアドバンテージは依然こちらが有利
この試合はなぜかこっちのデッキがよくわからないまわりをしてⅠ→Ⅱは223発展、Ⅱ→Ⅲは222(想造)3発展であっというまに時代Ⅲまでたどりつき、ベルカを展開
これで一気に殴りきれると思ったところに予想外の調合術が炸裂してこちらのベルカが退場して盤面が更地に
まあそれでもそれまでに稼いだダメージとその後展開したクドゥラクで相手を攻めにくくして最後は吸血で勝利しました


レポとしてはこんな感じです(試合内容にあまり触れてない奴もありますがw)
分岐点としてはちゃるなさん(ちゃる姫)との一戦ですかね
調整の時には青紫には後攻でも勝ち越せてたので事故らないでほしかった一戦でした
転呪門を採用した同型デッキとはあたらなくて良かったです
こちらのデッキはライフゲインを潰すために大呪疫を採用してるので転呪門型黒橙ビートには弱いんですよね(大呪疫は同型だと得な要素ないので)

さてこれで3弾環境の多きな大会も終了ですね
4弾からは2色カードが台頭してきそうなのでガラッと環境がかわるでしょう
これによって広島の偏った環境ももとに戻る・・・かな?(現状8人集まったら4人黒橙速攻、2人アリオン、その他2人みたいな状況)


では今回はこの辺で!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

motix123

Author:motix123
TCGラストクロニクルについて不定期に書いていきます

最新記事
かうんた
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。