スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三弾環境迷走中

今日もデッキ考えてます
考えてますが、なかなかうまくデッキが決められない

明後日からツアーが始まり、ツアー岡山まであと3週間
自分の中でこれだ!というデッキが決められなくて困ってます
いまのとこ一番ランク戦で勝率が良いのは黒橙CBですね
(オンラインランクで言う覇者、智者くらいまでは普通に行けるデッキです)
でも自分の中で「これで大会出るの?えー?」って言う引っかかりがあるので違うデッキを模索中です

今回はそんな自分の逃げ場をなくすためにそのデッキを晒してみようかと思います
(まあそんな奇抜なデッキではないですし、オンラインでも使用率の高いデッキですが)

黒橙CBt呂布

ナイトクドゥラク3
マーリン3
黒暦の司3
ブラッド・トレーダー3
ラスプーチン3
疫魔の眷属2

血風の狂戦士バルカヌス3
ガイラントの謠い手3
女拳聖ベルカ3
魂石洞の探索者ミャオマオ3
最後の白牙族3
地荒れ熊3
アレイン1

呂布3

神殺しの魔弾2
バーサークレイジ1
イルルガングエの大呪疫2
吸血3
想造3



CB30枚とCBデッキとしては少なめかな
バーサークレイジが増えて疫魔の眷属が減ったりと微調整はしてますが、だいたいこんなデッキです

大呪疫と吸血がアンチシナジーっぽい?という話はあるんですが、3点ダメージ与えられれば十分働きはしてるので吸血3積みは外してない感じです
とりあえず序盤から殴りまくって、9点くらいまで追いこんだらマーリン発展と吸血か魔弾で削りきる感じの動きになります
メディアデッキなどにチャンプブロック→犠牲にしての除去をされ始めるとビートではなかなか攻撃が通らなくなるので「じゃあ後半はバーンだろ」っと作ったデッキです
まあ黒橙速攻のある意味「完成版」は同じ地域のヒロさんがすでにつくってしまったので(第一回全国大会Best8)、同じデッキを作ってもねーとなったのもありますが・・・


今オンラインで流行の黒橙メディアデッキは打点が低いので無効に盤面を作られてからこっちがバーンに移行してもある程度猶予があるのも利点です
オンラインでやってる感じでは先攻取れればだいたい勝ってますね
後攻だとめくり次第って感じですね(ベルカ信仰力が試される)

実質CA0が15枚、CA1が9枚とデッキの半分を占めるので時代発展は戦いが終わるまでに一度くらいですね
時代Ⅰがながいので想像以上に地荒れ熊が強いです
狼が呪殺でやられていく横でもくもくと殴り続ける地荒れ熊
あなたもこのデッキを使ってみれば地荒れ熊の意外な強さに驚く・・・かもしれません

今回はこんな感じで
私はツアー千葉の結果を楽しみにしながらGW中は他のデッキをいろいろ考えてみることにします
では!!!
スポンサーサイト

久々の3色デッキ

今日は最近作り直した3色デッキを紹介しようと思います
(前回のオグシグニスデッキは諦めましたw)

一弾で一番最初につくったデッキが白青黒3色デッキで、5パック買ってあたったヴァイヤ一枚を中心にデッキを組むという今考えると滅茶苦茶なことをやってましたね
そのデッキで9月のガンスリに挑んで1勝2敗と散々な成績を残したので、その後ヴァイヤを3枚集めてから2色で一生懸命デッキを考えるようになりましたねw


今回紹介するのはその最初のコンセプトを可能な限り残しつつ組んでみたデッキです

青白黒ヴァイヤハンデス蟹ビート


アーサー1
ヴァイスガード弓騎士団2
還魂の戦司祭3
力の天使ラーン1
白エルフの弓兵隊3
卑弥呼2

闇の全知者ヴァイヤ3
老練な盗賊2
夜を盗むものライーサ3

死招き蟹2
わだつみの声アンジュ3
アルキメデス1
蒼眞の伝令3

癒しの光3
浄化の矢3
因果律の修正1
カオスバニッシュ3
呪殺3
縫合再生術1

龍王の厄災日2
エクスカリバー2
時移しの魔笛3


ピンざし多いw
そして橙宝樹で止まるw

突っ込みどころ満載ですが、一応解説を
1弾の時はは王宮衛士隊や凍結やらでライフゲイン要素とドロー要素をもっと増やしてたんですが、今回は自分のTLで話題の蟹ギミックが入ったので抜けて行きました

動きとしてはヴァイヤ、アンジュ、ライーサなどで序盤からアドをとって除去で場を掃除
そして大型とエクスカリバーで決めに行く感じの戦い方になります

時代Ⅱユニットが0ですが笛で時代Ⅲのユニットを動かすか呪殺とコンボすることで乗り切るのは難しくはありません
笛やアンジュが置けない場合も浄化の矢と厄災は機能するのでどうにもならないということはそうないですね

ライーサCBやアルキメデスCBが発動した時はスペルを優先して落としましょう
スペルがない時にヴァイヤをめくるとなかなか辛いものがありますからね

こんなものでしょうか
まあ見たままですねw
ここからの改造方法としてはとりあえず蟹を抜くとこからスタートかな!
2000ラインがとても多いので雷流術がなかなか辛い
並べすぎないようにしましょうw
メディアはバニッシュで落とせるのですが不死兵団はめんどくさいですね
不死兵団が相手のデッキにありそうな場合は老練な盗賊は出来る限り温存しておきましょう


いやー事故怖いですが時代発展は安定してますし楽しいデッキではあります
でもまあ苦手が少し多いのでフリー対戦レベルですね
橙宝樹ダメ!ゼッタイ!


さて、今回はこんなところです
大学の授業が始まったためちょっと更新頻度が落ちてますが頑張って続けていこうと思います
今週末は2週間ぶりの公認大会に行ってくる予定です
では、また次回の記事で

不遇な災害獣 オグ・シグニス

開幕から目玉カードの紹介です

fc2blog_201403122055136c6.png

4コスト 時代Ⅲ パワー3500 ATK3
『ハーベスト 宝珠1』
壊嵐の獣オグ・シグニスがダメージを受けたとき、ターンの終わりまで壊嵐の獣 オグ・シグニスのパワーを+1000する。
壊嵐の獣オグ・シグニスから宝珠カウンターを1個取り除く:このターン、ダメージを受けているすべてのユニットは防御できない。


3弾の目玉「災害獣」の一角を担うモンスターである壊嵐の獣オグ・シグニス
ポスターにも載っている看板モンスターのはずなのですが、とても遭遇率が低いw
一度もこいつを構築で使ってる人と会ったことがないんですよねぇ
4コスト、パワー3500、ATK3と標準スペックを満たしているのですが、紫という色が悪いのでしょうね
紫で採用したいユニットは「時代Ⅰ~Ⅱで前のめりに殴るユニット」か「ミョルニルをふることのできる4000ライン」がメインとなってくるので、そのどっちにも入って来ないこのユニットはとても微妙な立ち位置にいるのは事実でしょう

さらに自身の効果が自身のみで完結していないのもつらいところ
パワーアップ効果もカウンターによる効果も自身のみではほぼ意味をなしません
そしてコンボ前提なのに時代Ⅰ→Ⅱでカウンターを貯めておくにはつらい4コストという値
もういろいろとかみあわないですねww

じゃあどう使うの?
とりあえずこいつを見てくれ
7d4e774c0217539592b9d087e7a5cc9d8ffefc97e4ab0722350e151329111114637d1638.png

そう、オグシグニスが連れてきた眷属君だ
こいつ自身は時代Ⅱなのにオグシグニスは時代Ⅲ!コスト軽減効果のためにはオグシグニス出さなきゃけないのに眷属の方が先に動くよ!!!と散々な言われようのこの子
しまいには「もうこいつゼノビアの下位互換として4コスト速攻ユニットとして運用した方がいいんじゃね?」とか言われる始末

まあこいつを使うしかないですよね
多分使い方としては「時代Ⅲになると同時にオグシグニスのカウンター効果発動!貴様のユニットはすべて防御不可能だ!手札から3体の眷属を召喚!全員アタックで12点だ!!!」って感じでしょう
ん?カウンター効果を発動するために全体ダメージが必要だって?
そんなときにはこいつさ
fc2blog_201404062104303b8.png

雷流術とかと違って前のターンから置いておけるためにそのターンに出す眷属のコストを確保できるというすぐれものさ
まあそのターンにおいても効果がないのが玉に傷だがね

ほら、これでコンボは完成だ!
オグシグニスと壊嵐を置いといてから時代Ⅲへと発展し、眷属をばらまいて総アタックすればいいだけだ!簡単だろ?
嵐の進撃でもあればワンターンキルだって可能さハッハッハ

・・・ん?実現性?
頑張ればいけるって、諦めんなよ!
まあ私は正直遠慮したい(ry


これをやりたくていろいろ考えたのですがなかなか難しいww
自分が考えた中で実現可能そうだったのは「時代Ⅱでジャンヌを出して3000打点を確保し、壊嵐と雷流術で2500ラインを流すことで時間を稼いでオグシグニスを配置。その後時代Ⅲ発展時に全軍攻撃!」くらいでしたね
しかしこれだと白2コストという色拘束の強いユニットを出さなくてはならず、その後の紫コストの必要数を考えると結構むずかしい
でも2500ラインを除去しながらそれに耐えるユニットを維持しないと壊嵐が自壊してしまう
なんとかならないのか・・・???


そんななか頭に浮かんだのが

fc2blog_20140406213147f47.png

こいつですwww
紫単色で組みながらも!
時代Ⅱでパワー3000ラインを確保し!
時代Ⅱだからジャンヌと違って呪殺で死なない!!
そして3弾で見なおされたカオスバニッシュすらも効かない!!!

これはワンチャンあるか・・・?



という電波を受信したので誰か詰めてください!!!
一応私も考えますがこれがなかなか難しいので、良いデッキができたら教えてくださいなw


・・・投げっぱなしですが今回はこのへんで
次回までにこれを詰めれればその記事を
無理だった場合はまた別の記事をのせまーす
ではでは

全国大会行ってきた&個人的デッキ構築

全国大会行ってきましたー
3月27日の朝5時に出発して青春18切符で15時間くらい電車に揺られて東京まで行きました
28日は全国前日ということで秋葉原に出てツイッターで絡みのある人たちと会って一日ラスクロやってました
29日は全国大会に出て安定の1-2ドロップ
出場したデッキは黒を濃くして転呪門入れた黒橙青CBでした
1回戦でSSランカーとぶつかって勝ったことで気が緩んだのか2,3回戦と普通に負けましたw
バルカヌス引けずに手札に来たらまずい系のナイトクドゥラクとベルカを引きまくったのでまあしゃーないかな
3戦目で狼2回めくって「あー今日はダメな日かも・・・」と思ったので2敗ラインでドロップ
安定感より爆発力をとったのでこんなものでしょう
3弾環境入ってからずっとウィニー握ってきたので次の大きな大会ではウィニー以外を握りたいですね(飽きたw)
30日はサイトウさんのラスクロ会に参加して白橙まわしてきた
かなり微妙枠多いデッキだったけど結構勝ち越せたから次に詰めるのはこの色かな?
イノシシ眷属便利でかわいいわー
31日はこれまた朝5時に東京を出て15時間電車に揺られて帰宅
往復4000円!
でも疲れるから次回は交通費取れるようにがんばろー


さて、話はかわりますが最近デッキ構築についての相談受けることが少し増えたので雑魚プレイヤーですが自分なりのデッキ構築を書いてみようかと思います

とりあえず東京1日目でいろいろ構築変更して3日目にはかなり戦えるようになった白橙でも題材にしましょうか
(浮気枠多すぎたw)

1、私はデッキを作る時基本的には「キーカードを決めてそれを中心に組んでいく」タイプです
  今回の白橙を作る時のコンセプトは「山と騎士」でした(東京でも「なにこの騎士つええんだけどwww」と言われた揃うとめんどくさい系コンボ)
  なのでまず神山の竜脈と疾駆する騎士を3積み
  そして山を使うということで橙が濃いデッキに組むことも決定

2、リセットカードの採用
  今回はドゥースストライク型のようなデッキではなく大型で制圧するデッキを目指すので龍王の厄災日2と始祖龍の初孫ラズー1(ここの枚数は多くていいとおもいますが)を採用

3、次に山を使うに当たって必要なSS加速方法の確保
  今回はイシュタル3、猛り地の眷属3、魂石洞の探検者ミャオマオ2でSS確保
  「魂石のドルイドとか使わないの?」と結構聞かれたのですが、多分それは黒橙とか向けだと思う
  白橙はリセットカード2種以外には対オーラ以外基本的に除去がなく、序盤に戦闘力のないユニットを置くことはリセットカードを序盤に撃たされてしまうことにつながるので今回は採用なし
  魂石化ユニットが橙SSを増やしてくれればあとは山の効果で橙2での魂石化付与がおこなえるようになるため橙優先で溜めていきます

4、弱点の補強
  このデッキ色はとにかく「置物系ユニット」が苦手です
  今の環境で一番つらいのはメディアかなーと思うのでそれに対する対策(橙の宝樹2)を採用
  今回は個人的に好きなカードなので魂の予言所も採用
  
5、ヒストリー枚数が増えたのでマスタートウリョウキズキ、歴史の語り手ヘウメネアを採用
  ヒストリー破壊を喰らうことが多いので山の再配置を助けることのできるキズキは採用

6、相手のヒストリー対策で秩序の破壊者を採用

7、ブリュンヒルデの採用
  多分これは賛否あるw(否の方が多いと思う)
  ラズー使うならラズー3でいいじゃん!という話ですよね
  私もその構築は良いと思います
  ・・・が、ラズー3ってそれ用のプレイングされるとすっごく辛いんですよ
  ラズー3で実体の引きずり出し採用も試したのですが「SS9個使わずにターン渡せばばれるに決まってんだろww」ということでこれもなし
  なので今回は疾駆する騎士やらをつって来れるブリュンヒルデを3積みです(めくった時に序盤消費したライフを挽回できますし)

8、メディア対策で女拳聖ベルカを採用
  時代Ⅳ以降はラズーを使うことができないためメディアを除去する方法として採用

9、残りの枠にCA3やブリュンの蘇生対象などを採用


だいたいこんな感じで組みました


時代Ⅳ
ブリュンヒルデ3
始祖龍の初孫ラズー1

時代Ⅲ
女拳聖ベルカ2
秩序の破壊者3
アーサー1
祝福された騎士アガトー1
ヴァイスガード騎士団2

時代Ⅱ
イシュタル3
猛り地の眷属3
坑道堀りの達人3
ガイラントの同盟兵2
歴史の語り手ヘウメネア1

時代Ⅰ
魂石洞の探検者ミャオマオ2
突破する鋼角2
マスタートウリョウキズキ2
卑弥呼1
疾駆する騎士3
白き森のエルフ2

スペル
循環する魂3
束の間の平和1
時空の聖視1

ヒストリー
神山の龍脈3
橙の宝樹2
魂の予言所1
龍王の厄災日2

現在はこの形!
東京に行った時はネアルピが入っていたりと浮気枠が多かったのですが、まあそこらを捨て去ってだいぶまともな形になったかな
卑弥呼が入っているのはエクスカリバーが入っていた名残
いまでもガムラドゥが入ったりエクスカリバー入れてみたりとちょいちょいかわってますが基盤はこんなもんでしょう
問題は基本的に長期戦になること
1ターン30秒で進めれば23分で23ターン進むので長考数回入れても普通に対戦すれば30分でLOまでいくので良いのですが、軽く遅延されたら時間切れが怖すぎるのが一番の問題点

大きな大会などでは使いにくいですねぇ・・・


こんかいはこんな感じ
ではまた次回の記事で!
プロフィール

motix123

Author:motix123
TCGラストクロニクルについて不定期に書いていきます

最新記事
かうんた
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。